シングルマザーの生活

母子家庭のシングルマザー!!ずっとパート?!の実態!

!!ずっとパート?!の実態!

母子家庭の場合、正社員よりもパートを選ぶ確率が非常に高いです。

確かに毎日家事、育児に忙しいシンママだったら何かと融通の効くパートを選ぶのは自然かもしれません。

でも、これから子供の進学もあるし、子供が一人立ちしてから自分の老後の資金も不安だし、できれば正規雇用で働きたいと思う方も少なくないと思います。

 

そこで今回は、

  • 母子家庭のパートが多い理由はいったいなに?
  • 母子家庭、ずっとパートで働くことの不安
  • パート以外の働き方ってあるの?

 

について見ていきたいと思います。

では詳しくみていきましょう。

 

母子家庭のパートが多い理由はいったいなに?

母子家庭のシングルマザーのパートが多い理由は

  • 時間の融通がきくこと
  • 採用までのハードルが低いこと

の2つがあげられるようです。

この2つの理由について深く見ていきましょう。

時間の融通がきくこと

母子家庭のシングルマザーは、仕事だけではなく育児と家事もしなければなりません。子どものいる女性はとにかく時間がないのです。

パートは、時間や日程などのシフトの融通聞きやすいのです。

中でも、シンママは具体的にこんな場面でパートは融通が効くと感じるようです。

 

保育園

子どもが小さい場合は、保育園問題も現代の大きな問題のひとつ。

保育園には入れなかった場合、幼稚園に延長保育を利用したとしても土日が休みであることや長期休暇があることなど保育園を利用するよりも休みが多くなってしまいます。

 

子供の体調

小さな子供は、熱や風邪など突然体調を崩しがちです。また、子どもは怪我が多く特にわんぱくな男の子のいるママさんは、けがが耐えません。

保育園や幼稚園からの急な呼び出しで早退することも多々あるのです。

 

子供の予定

子どもの予定に振り回されるという点です。

子どもがある程度大きくなってくると今度は、学校行事や習い事などで時間の確保が必要になってきます。

上記のように子どものいる女性は時間がないのです。折角、お仕事に就けてもなかなか働ける時間がない!!とうことですね。

 

採用までのハードルが低いこと

もうひとつの理由は、パートの方が応募から採用までのハードルが低いということです。

正社員になるには、書類選考、面接、採用流れがあるところが多いかと思います。

応募してから採用に至るまでの期間がかかってしまいます。

一方、パートの場合、面接して採用となるケースが多く早くて次の日から働けるというところもあります。

 

転職する際もパートの方がすぐ次は決まるということもパートを選ぶ理由なのですね。

 

私も毎日子どものことと仕事との時間が上手く取組み合わず、時間が足りないと頭を悩ますことが日常茶飯事です。時間の融通や採用までの期間のネックが解決することができたらパート以外の選択もあるということですよね。

母子家庭、ずっとパートで働くことの不安

母子家庭のシンママが、ずっとパートで働くことへの不安で挙がるのが、収入が低いこと将来への不安です。

具体的にはこのような意見がありました。

 

 

シンママ
シンママ
正社員に比べて収入が安定しにくい。

やはり、働く時間に限りがあると正社員で働くより収入面での格差は大きくでてしまうのが現状です。パートの平均収入は、133万円とういデータもあります。

パートだと働いた分だけの収入で、使い過ぎてしまったけどボーナスで補てんできるしと補える正社員と違って賞与などの臨時収入がないことも大きな痛手ですよね。

 

シンママ
シンママ
ローンなどが通りづらい。

また、住宅ローンなどの高額なローンの審査もパートだと社会的信用が低いたえめ通りづらいと聞きます。パートで働く上で金銭面のデメリットはやはり、大きいと感じます。

シンママ
シンママ
老後貰える年金が少額。

母子家庭のシンママは、将来子供が成人して巣立ってからのことが心配です。だからこそ年金はもらえるだけもらいたいですよね。

 

シンママ
シンママ
大手企業などへの転職が難しい。

現実は違ったとしても、シンママの場合、自分が母子家庭であるという背景などから「大手には採用されにくいのでは。」と考えてしまう人も少なくないようです。

 

パートで働き続けるシンママの、この先不安な声を聞くと、かなり収入や将来のことで悩みを抱えている人がたくさんいることがわかります。

パート以外の働き方ってあるの?

都会

実は、正社員はハードルが高かいし、正社員とパート以外にどんな働き方あるのかあまり知らないという方もいるのではないでしょうか。

パート以外の働き方は、

  • 正社員
  • 派遣社員
  • 契約社員
  • フリーランス

と実は色々あるんです。

どのようなものなのか見ていきましょう。

 

正社員

その会社で決められた就業規則そって働く働き方。社会保険や雇用保険の加入でき会社によっては充実した福利厚生をうけることができる。

マイナス面は有給がとれるようになるまで休みが取りにくいことや時間の拘束があるため時間の融通は効きにくい点です。

多くの場合は、7時間労働の週5日勤務。

働く業種によっては、シフト制や土曜勤務や夜勤ありのような変則シフトの会社あります。

近年は、フレックス制や時短勤務社員、在宅勤務社員など様々な形の働き方の正社員も出てきています。

シンママは、将来の年金額が不安になりがちですが、正社員になれば、社会保健に加入できるので老後の年金のことも安心できます。

 

派遣社員

正社員はその会社に雇われますが、派遣社員は派遣会社に雇われることになります。条件の合う企業を紹介してもらいその企業で働きますが、給与は、派遣会社からの支払いになります。

多くの場合は、働く期間に期限があります。

あらかじめ、働く条件を自分から指定できる働き方です。

シンママは毎日忙しく、子供の時間も大切にしたい。だからこそ正社員は少しハードルが高いと思う方が多いです。でも派遣なら後々正社員になれる可能性もあるので、今は派遣がいいけど子供が自律したら正社員になりたいと思う場合はおすすめです。

 

契約社員

契約社員は、ほとんど正社員と変わらない待遇ですが、違うところは、働く期限があることです。

多くの場合は一年ごとに契約を更新し、最長3年間の契約という期間があるということです。3年の期間が経過した時や1年ごとの契約更新をしなかった場合は、契約満了となり退職扱いになります。

期限つきなので自分の将来の計画をたてやすい働きかたです。

転職したい憧れの大手企業があっても、シンママだと少し気が引けると思う場合でも、契約社員としての採用なら割とハードルが低く採用されやすいこともあります。

 

フリーランス

フリーランスは、自営業のことです。会社に雇われるのではなく、自分で仕事を獲得し自分で仕事をすることになります。

報酬は全て自分のものなりますが、保険や税金、経費などの処理は自で行うことになります。収入の変動は激しい職種です。

フリーランスになる職種にもよりますが、場所や時間の融通がきく職種です。

フリーランスはなにかと融通が効くことが、この先まだ子供を養っていかなければならないシンママにとって大きなメリットです。でも収入が不安定なため、副業も視野に入れなければいけないことを念頭に置いておきましょう。

 

多様化してきた現代だからこそ働き方も色々なものがあるということです。今はやりのYouTuberもフリーランスになりますし、明日からでもやる気になれば始められる職種ですよね。パート以外の職種も以前よりハードルが下がっているのではないでしょうか。

まとめ

母子家庭のシングルマザーのパートが多いのは、時間の融通が利くからが一番の理由でしたね。

時間にも縛られない働き方が少しづつ出てきている現代、母子家庭だからってずっとパートで働かなくても他の働き方ができるようになると思います。

子どもの小さいうちは時間の制限も多く、なかなか安定して働くことは難しいかもしれません。

大きくなれば、時間もできるが子どもにお金はかかってきくるのが現状ですよね。

私も母子家庭で育ち、母はパートで働いていました。小さいうちは、早めに帰宅するようなシフトで働いてくれていました。子ども心に母が早く帰ってきてくれるのは、嬉しかった記憶があります。

子どもの成長に合わせて働き方も変えられたらよいのではなでしょうか。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

バツイチさんにおすすめのマッチングアプリ3選
1位 マリッシュ

マリッシュマリッシュはバツイチさんを優遇するアプリで、ポイント増量などの特典があります。

何よりもいいのは、シングルマザーやバツイチに理解のある人が集まるので、バツイチさんでも婚活しやすいところです。

料金男性:月額1,650円~
女性:無料
年齢層20代~50代
男女比54:46
累計会員数80万人

マリッシュの公式サイト

 

2位 ペアーズ

ペアーズペアーズの累計会員数は1,000万人以上ですので、シングルマザーに理解のある人も多数います。

「シングルマザーOKな人」などのコミュニティからバツイチ・シングルマザーに理解がある人を探せます。

料金男性:月額1,320円~
女性:無料
年齢層20代~30代
男女比70:30
累計会員数1,000万人

ペアーズの公式サイト

 

3位 ブライダルネット

ブライダルネット婚活大手のIBJが運営しているマッチングアプリです。

専任のカウンセラーである「コンシェル」が、相談などのサポートもしてくれます。

料金男性:月額2,000円~
女性:月額2,000円~
年齢層30代~40代
男女比40:60
累計会員数非公開

ブライダルネットの公式サイト