30代の婚活

母子家庭あるあるってどうなの?

ひとり親の家庭が増えている傾向にある今日この頃。

わたしもその1人です。今回は、そんな母子家庭あるあるをいくつか紹介したいと思います。

 

母子家庭あるある

母子家庭あるあるを思い浮かべるときに、こんなあるあるが想像できると思います。

  • 仕事で疲れて夕食がファーストフード
  • 休みの日に遊びに行くことが少ない
  • 学校行事に参加できないことがある

どうでしょうか? まさに母子家庭のあるあるだと感じたのではないでしょうか?

その他にも色々あるかもしれませんが、ここからは母子家庭あるあるを次の4つのジャンルに分けて紹介したいと思います。

どの項目が当てはまるか見てみましょう。

①母子家庭で育った女性のあるある

母子家庭で育った女性のあるあるはこちら↓

あるある
  • 男性に幻想を抱かない
  • 父親のグチを言い続ける
  • 「男」を全面的に否定する

男性に幻想を抱けないのは、父親を知らないので想像することができないからです。

父親が悪いわけではないのかもしれませんが、父親がいないから今の自分が不幸なのだと思い込む傾向にあります。

虐待や父親の浮気借金で家族が困ってたりしたら男性像は幻想どころか否定的になってしまう。

ただ、母親が別れた父親のことをどう捉えてきたかで変わってきます。

②母子家庭で育った男性のあるある

次に母子家庭で育った男性のあるあるを紹介します。

あるあるはこちら↓

あるある
  • 隠れマザコン

母親に心配をかけたくないという思いが強いため、マザコンになってしまう傾向にあるようです。

仕事や家事で疲れている母親を見ているので変に気を使ってしまう気持ちもよくわかります。

  • 何かあったら母親や祖父母を守る
  • 迷惑をかけないようにわがままは言わない

このように母親に対する気持ちが強くなります。プラスに考えると、精神的に大人になるのが早いといわれています。

ただ単に優しいだけなのにマザコンと分類されがちなのもかわいそうですよね。

母子家庭の母親

今度は、母親の立場になった時のあるあるです。

1番思いつくのはこちらですね↓

あるある
  • 完全ワンオペ

母子家庭の母親は、一人で何でもしないといけません。実家の親の援助(金銭ではなく)があればまた違いますが。

筆者の娘も2年前に1歳の子どもを連れて帰ってきました。

娘曰く「子育ても家事もすべてワンオペでやってたので、仕事をしながら子育て家事は何もしない旦那さんにイライラしなくて済むだけ精神的に楽。」だそうです。

そんな風に割り切ってる女性が多いです。

 

母子家庭で育った人の恋愛

今度は趣向を変えて、母子家庭で育った人の恋愛あるあるを紹介します。

これは女性男性関係なく家庭の環境が大きく左右します。

あるある(男性の場合)
  • 女性をいたわるやさしさは身についている

あるある(女性の場合)
  • 男性に依存することなく自立している

 

いずれにしろ、母子家庭であっても両親がそろっていても環境で人は変わっていきます。

子どもにとって両親がいつも喧嘩をしている家庭より母子家庭でも楽しく暮らしていくほうがいいのです。

ただ、貧困になってしまいやすい面もあるのでこれから離婚を考えてる方はいろんなビジョンを想定して考えてみるといいのではないでしょうか。

 

その他の母子家庭あるある

ここまで母子家庭あるあるについて紹介してきました。個人的にわたしが思う1番のあるあるはこちらです。

あるある
  • 母子家庭の補助について知らない

わたしの周りにも母子家庭の補助について無頓着な人が多いです。

そこで、少し表題から離れてしまいますが、これから離婚を考えている方や日々の生活に追われて公的に補助があることに気づいていない方に、母子家庭の補助について簡単に紹介していきます。

児童手当って?

自治体によって違うので役所に問い合わせてください

所得制限がある

他にはどんな手当がある?

住宅手当

医療費助成

税金の免除

交通機関の割引

生活に密着した助成は?

粗大ごみ処理割引

上下水道の基本料金免除

保育料免除

 

それぞれの需給条件をしっかりと確認して活用できるものは活用しましょう。

その他にもディズニーランドの割引だったり地方によっていろいろありますが、割引制度は充実しています。

離婚原因が何であれこれらの割引制度は使えるんです。

母子家庭は手厚い制度がいろいろあってズルいという方もいらっしゃいます。

でも、これだけ見て特典いっぱいに感じるかもしれませんが人知れず苦労は尽きないものです。

まとめ

どんなに疲れていても子どもとの時間をとったり、一人で何もかもしなければなりません。

母子家庭で実家に住んでいても自分の子どものことは自分一人でしなければいけません。

ほとんどのシングルマザーはそういう覚悟を持ってシングルになる決断を出してます。

あの人はシングルだからって言われないように必死で頑張っていますし、頑張ってる姿を子どもに見せている女性って素晴らしいと思います。

目に見える応援はできなくてもそっと見守ってあげたいと思います。