Uncategorized

バツイチ子持ちの新しい恋に!マッチングアプリのススメ!

「出会い系サイト」の流行に対して悪いイメージをもつ人が多かった時代とは違い、
「マッチングアプリ」という言葉が浸透し、アプリを使って婚活・恋活することが世間的にも認められつつある現代。

「そうはいっても、バツイチ子持ちがマッチングアプリで婚活・恋活をするのはちょっと…」と想いながらもこのサイトをご覧になっている皆さん!

実は、バツイチ子持ちにさんにも、マッチングアプリはおすすめなんです!!
今回は、バツイチ子持ちさんにおすすめのマッチングアプリをご紹介!
街コンや結婚相談所と比較した、マッチングアプリのメリットもお伝えします。

バツイチ子持ちでもマッチングアプリで出会いがある?

結論からいうと、出会いがあります!!

一般的に、「出会いの場・方法」というと、次のようなものがありますよね。

①職場
②趣味の活動の場
③友人・知人の紹介
④行きつけのお店や普段使う駅などで声をかけられる
⑤マッチングアプリ

どの出会い方も、「まぁ、そうだよね」「あり得なくはないよね」というおなじみのものではないでしょうか。

しかし、①②の方法は、自分がバツイチ子持ちである、という現状だけでなく、そこに至るまでの経緯をも知っている人とのマッチングを期待することになります。
特に悪く思われるような理由がなくても、離婚に至るまでの経緯を知っているというだけで、思わぬ先入観を持たれ、婚活・恋活の対象としては敬遠されてしまう、という場面もあり得そうですよね。

③の方法では、友人・知人の紹介というだけでも出会える人の母数が絞られてしまうところに加え、「バツイチ子持ちさんOK」という人を紹介するとなると、その母数はさらに絞られてしまいます。

また、紹介してもらった手前、断りたくても断り辛くなってしまうということもあり得ます。

④に関しては、普段の生活圏で子どもを連れて歩いている人に、婚活・恋活目的で声をかける(かけられる)ということがどれだけハードルの高いことか、言うまでもありませんよね。

①~④の方法は、婚活・恋活の方法としてはオーソドックスでありながら、バツイチ子持ちさんの出会いとなるとややハードルが上がってしまいます。

そこでおすすめなのが、「マッチングアプリ」なんです!!
おすすめの理由として、マッチングアプリのメリットを挙げていきます。

 

【バツイチ子持ちさん向け】マッチングアプリのメリット

goodここから、バツイチ子持ちさんの婚活・恋活における、マッチングアプリのメリットを紹介します。

①場所と時間を選ばずに婚活・恋活ができる

街コンは開催日時が決まっていますし、結婚相談所は入会や面談のために予約が必要な場
合もありますよね。
子持ちのバツイチさんの場合、子どもを親や保育園などに預けるための調整も必要になっ
てきます。
また、街コンの開催頻度や結婚相談所の数は地域によってばらつきがあり、婚活・恋活の
場所と時間に思わぬ制限をかけてしまう場合もあります。

しかし、マッチングアプリであれば、スマホひとつで好きなときに好きな場所で婚活・恋活
ができます。
場所と時間を選ばずに婚活・恋活ができるのは、マッチングアプリの一番のメリットでは
ないでしょうか。

知人のシンママさんは、東北地方で暮らしている間にマッチングアプリで恋活をしていました。
そしてなんと、九州在住の人と知り合い、マッチングしたのです!
今は九州に引っ越して結婚を前提に同棲しています。

もちろん、シンママさんの子どもも一緒に暮らしていて、バツイチ子持ちのマッチングアプリ再婚がもうすぐ実現しそうです。
住んでいる地域を超えた出会いを実現できるのは、マッチングアプリならではのメリットですよね!

 

②婚活や恋活目的では出会いたくない人を避けられる

街コンは趣味や地域のデートスポットをテーマにしたものが多く、たまたま行ってみた街コンで同級生や元恋人とばったり会ってしまった、といった話も耳にします。
街コンで偶然再会した同級生と恋に落ちる場合もあるかもしれませんが、多くの場合は、街コンで意図せず知人・友人と会ってしまうことで気まずい思いをするのではないでしょうか。
しかし、マッチングアプリであれば、最初はマッチングアプリ上の「プロフィール」を通して出会います。
プロフィールの入力・公開内容やプロフィール画像の工夫次第で「身バレ」を防ぐことができますよね。
逆に、自分のプロフィールに足跡を付けたりメッセージを送ったりしてきた相手が、なんとなく知人や友人のような気がするという場合にはブロックすることもできます。
出会いたくない人との出会いを回避することができるという点は、マッチングアプリのメリットといえるのではないでしょうか。

 

③月額料金が安い

結婚相談所では入会に10万円ほど支払い、その後も月額料金として1万円ほどかかるなど、料金が高額な場合がほとんどです。
また、街コンも、女性は1回あたり無料~1,000円以内で参加できるものがほとんどですが、男性の場合は1回あたり6,000円近い参加費がかかる街コンもあります。

高い入会金を払う結婚相談所は、それなりの信頼感もあるかもしれませんが、入会には勇気が要りますし、お金の準備のことを考えると、「今すぐ始める」というのには向かないかもしれません。

また、街コンはマッチングが確約されているわけではないので、安くはないお金を払ってランチやディナーをしてきただけ、という結果に終わる場合もあり得ます。
しかも、参加費によっては、月に2回街コンに参加しただけで、結婚相談所の月額料金さえも超えてしまう場合があります。

しかし、マッチングアプリであれば、女性は無料のものが多いです。
男性や、オプションを使う女性であっても、多くの場合は月額2,000円~10,000円で済みます。
無料あるいはお手頃価格で利用できるマッチングアプリなら、肩肘張らずに婚活・恋活ができますね!

 

④初対面の人との会話が苦手でも始めやすい

街コンや結婚相談所では、まずは会ってから連絡先を交換するというスタイルが主流ですよね。
初対面の人とでも臆することなくおしゃべりができる人であれば、街コンや結婚相談所で気になる人と連絡先を交換することも容易でしょうし、この方法が個人の連絡先を交換する方法としては最速です。

しかし、マッチングアプリは、メッセージのやり取りをしてから会うという、街コンや結婚相談所とは真逆のスタイルです。
しっかりマッチングアプリ内のメッセージ機能でやり取りを重ねておけば、直接会う頃には、「初めて会うけど初めてな気がしない」という状況になっているので、初対面の人との会話が苦手な人が婚活・恋活を始めるのにもおすすめです!!

私の友人Aは、恋人が途切れることがほとんどなく、「結婚相談所を使う以外の方法はすべて経験済み」というくらい、恋活に意欲的でした。
そんなAは、マッチングアプリでB太郎さんと知り合って3年ほど交際。
そして最近結婚しました。
社交的で恋人も途切れなかったAを射止めたB太郎さんはなんと、自他ともに認めるコミュ障!

Aが私にB太郎さんを紹介してくれたときも、目も合わせてくれなければ、挨拶以外は一言も発さないという具合。
それでもAがB太郎さんと結婚に至ったのは、マッチングアプリでのメッセージのやり取りから誠実さは伝わってきており、デートを重ねるごとに少しずつ対面での会話が続くようになったのが可愛く思えたからだとか。

メッセージのやり取りを通して、自分の良いところを先に伝えておける(分かっておいてもらえる)のも、マッチングアプリならではのメリットですね!!

 

バツイチ子持ちさんにおすすめのマッチングアプリ3選

illust
今や、いくつものマッチングアプリが登場し、利用されている時代。ここでは、数あるマッチングアプリの中でも、バツイチ子持ちさんに特におすすめのアプリを3つ紹介します。

①マリッシュ

バツイチに特化したマッチングアプリです。
働くシングルマザーを応援するキャンペーンや、シンママ・シンパパのための特典があるなど、バツイチ子持ちさんが使いやすい仕様になっています。
また、マッチングアプリということで、やはり20代のユーザーが多い中、マリッシュでは 40代以上のユーザーも多くマッチングしています。
恋活・婚活・再婚活 マッチングアプリ マリッシュ

 

②ペアーズ

利用率No.1のマッチングアプリともいわれ、「マッチングアプリと言えば、ペアーズ」というくらい、認知度の高いアプリなのではないでしょうか。
「幸せレポート」を見ても、20代の交際や婚約、結婚のレポートが多く、ユーザーの年齢層が若いことが伺えます。
結婚歴のないユーザーも多い印象ですが、再婚に関するレポートもありましたよ!!
恋活・婚活マッチングアプリ ペアーズ

 

③ブライダルネット

女性は無料・男性のみに月額料金が発生するというアプリが多い中、ブライダルネットは、男女どちらも同じ料金が発生します。
また、多くのアプリと異なり、お見合い会場やお見合いの日程調整もサポートしてくれるサービスもあり、恋活というよりは、まさに婚活に特化したアプリといえるでしょう。

年齢層は30代が最も多く、20代も40代以上もまんべんなくユーザーがいます。
男女とも月額料金を支払って利用するというところで、ユーザーの本気度の高さも伺えます。
また、結婚相談所のようにサポート体制が充実していることも魅力的ですよ!!
会うまで、サポート。 まじめなマッチングサービス ブライダルネット

 

バツイチ子持ちがマッチングアプリを使った婚活・婚活で気を付けること

bad
メリットも多く、バツイチ子持ちさんにおすすめなものまであるマッチングアプリ。
しかし、メリットがあるということは、気を付けなければならない点も存在します。
そんな、マッチングアプリを使う上での注意点を紹介します。

 

①婚活や恋活に本気ではない人も利用している

マッチングアプリのメリットととして、場所や時間を選ばずに婚活・恋活ができることや、料金が安いことを挙げました。
しかし、気軽に婚活・恋活ができるということは、遊び目的やただの友達探しの人も「気軽に」アプリ利用ができるということでもあります。
マッチングアプリでの婚活・恋活には、相手の本気度を見抜く力が必要といえるでしょう。

私の知人の中には、

1週間もメッセージのやり取りをしたのに、いざ会ってみたらただの友達探しの人で、しかも既婚だった

という体験や

県外に転勤が決まった彼氏が、転勤1か月前からマッチングアプリで転勤先の県でちょっと会って遊べる女性を探していた

という体験をした人もいます。
自分にとって「いいアプリ」は、誰かにとって「都合のいいアプリ」であるということなのかもしれませんね。

②身元の明確さに欠ける

結婚相談所では、入会のためにオフィスに出向いたり、さまざまな証明書類を提出するなど、「身元の保証」という面ではとても信頼度が高いです。

一方、マッチングアプリでは、身分証明書のアップロードを求められるものもありますが、身分証明書と本人とを直接照合するわけではないですよね。
「このアプリは身分証明書の提出を求められるから…」と過信するのは危険でしょう。

 

③仲人のような役割を担ってくれるサービスではない

マッチングアプリは、提示された身分証明書の承認や、規約に反するメッセージのやり取りをしていないかといったパトロールの仕組みがあります。

しかし、マッチングのための後押しや、初回のデートのセッティングなど仲人的なサポートはしてもらえないものが多いです。
プロフィール上に足跡を残したり、気になる人にメッセージを送ったりと自ら積極的に活動することが求められます。

【参考】婚活・恋活サービスの比較

次の比較表で、婚活・恋活サービスの料金や年齢層についておさらいしましょう!!

hikaku

「バツイチ子持ち」であることを伝えるタイミングは?

マッチングアプリのプロフィールで結婚歴の有無や子どもの有無を設定・公開しておけば、バツイチ・子持ちであることに理解のある人だけが、足跡やメッセージなど、こちらのアクションに対して前向きな反応を返してくれるので、効率よくマッチングができるでしょう。

しかし、まずは「自分」という人となりを知ってもらったうえで、バツイチ・子持ちであるこことを受け入れてもらいたい場合には、プロフィール上では結婚歴や子どもの有無を公開せず、メッセージのやり取りを重ねるなかでバツイチ・子持ちであることを伝えるという方法も有効でしょう。

自分や相手の気持ちに合わせて、より良いタイミングで伝えるのが良いでしょう。

さいごに

ここまで、マッチングアプリのメリットやおすすめのマッチングアプリについて紹介しました。
時間や場所を選ばず、高いお金もかからないマッチングアプリは、子育てと仕事の両立に忙しいバツイチ子持ちさんにおすすめの婚活・恋活ツールです。
マッチングアプリ一筋だったり、マッチングアプリと他の婚活・恋活サービスを併用したり、自分に合った方法で素敵な婚活・恋活をしてください!!

バツイチさんにおすすめのマッチングアプリ3選

 

1位 マリッシュ

マリッシュマリッシュはバツイチさんを優遇するアプリで、ポイント増量などの特典があります。

何よりもいいのは、シングルマザーやバツイチに理解のある人が集まるので、バツイチさんでも婚活しやすいところです。

料金男性:月額1,650円~
女性:無料
年齢層20代~50代
男女比54:46
累計会員数80万人

マリッシュの公式サイト

 

2位 ペアーズ

ペアーズペアーズの累計会員数は1,000万人以上ですので、シングルマザーに理解のある人も多数います。

「シングルマザーOKな人」などのコミュニティからバツイチ・シングルマザーに理解がある人を探せます。

料金男性:月額1,320円~
女性:無料
年齢層20代~30代
男女比70:30
累計会員数1,000万人

ペアーズの公式サイト

 

3位 ブライダルネット

ブライダルネット婚活大手のIBJが運営しているマッチングアプリです。

専任のカウンセラーである「コンシェル」が、相談などのサポートもしてくれます。

料金男性:月額2,000円~
女性:月額2,000円~
年齢層30代~40代
男女比40:60
累計会員数非公開

ブライダルネットの公式サイト