Uncategorized

シングルマザーの恋愛に抵抗がある方へ!罪悪感&引け目解消法!

解放された画像

シングルマザーの皆さん!

恋愛において後ろめたさを感じたことはありませんか?

離婚してシングルマザーとなった知人と先日話をする機会があったのですが、どうやら彼女、気になる人ができた模様。

離婚して数年経つので恋愛しても良いかな、と思う反面悩みもあるようで…。

シンママ知人
シンママ知人
  久しぶりに恋愛したいなと思うけど、子供にも彼にも罪悪感とか引け目が半端ないよ…。

とのこと。

調べてみるとシングルマザーの方は同じような悩みを持つ方が多いことがわかりました。

シングルマザーです 子連れの恋愛は引け目を感じております

シングルマザーですが、恋愛したいと思います。しかし罪悪感から一歩を踏み出せません

(Yahoo!知恵袋より引用)

やはりシングルマザーにとって新たな恋愛をすることは罪悪感引け目がつきものになってしまいます。

確かに自分勝手に行動し、恋愛すると傷つく人が出てきてしまいます。それは子供かもしれないし、彼かもしれない、はたまた自分かもしれない。

だからといってシングルマザーが恋愛をしてはいけないのか、そんなことはありません!

シングルマザーだって一人の女性です。恋愛して生活に癒しと潤いが必要です!

今回はそんなシングルマザーが罪悪感と引け目を感じずに恋愛を楽しめるよう、

なぜ罪悪感と引け目を感じるのか

またそれは誰に対して感じる感情なのか

という風に原因から分析して解消法を導き出していきたいと思います。

先に結論をざっくりと言ってしまうと、

解消法は自分自身の考え方をガラッと変えることです!

 

では次から具体的に解決法を探っていきましょう!

シングルマザーの恋愛における罪悪感を解消しよう!

そもそも「罪悪感」とはどのような意味でしょうか。

【罪悪感】罪をおかした、悪いことをしたと思う気持ち。(goo辞書より)

ということはシングルマザーは恋愛をする際に悪いことをしている気持ちになっている、ということです。

これっておかしなことですよね。

シングルマザーなのだから、恋愛をしてお付き合いをしても不倫にも浮気にもならない。

しかし罪の意識が芽生える。

さて、これは誰に対しての気持ちなのでしょうか。

自分が恋愛をする=子供に迷惑をかける=子供に対して罪悪感を感じる

ということなのではないでしょうか。

本来は子供を一人で育てることに集中しなければならです。でも、男性と恋愛を楽しむことにより、子供との時間が減ったり子供に割くお金が減ったりすることが罪悪感となります。

そう思ってしまうのは当然ですが、ここで考え方を変えてみましょう!

子供からの目線だとどうでしょうか。

確かにママを彼氏にとられた!と思う時期もあると思います。

しかしママが自分を育てることに対して、必要以上につらそうな姿を毎日見せられていると、子供の方が今度は罪悪感を持ちます

「私がいなかったらママは自分の生活を楽しめるかもしれないのに…。

私がいたからママは恋もできず必死で働いてくれている。」

そんな風に子供につらい思いはさせたくないですよね。

子供の笑顔を守るためにママは毎日頑張っているのですから!

それを思うと自分(子供)を大切に育てながら、節度を守って恋愛をするママは素敵な女性です。

節度に関しては後程触れますが、ママが子供と自分自身を大切にしていることをベースに、女性として輝く姿を見ることができれば子供はきっと嬉しいですよ(と自身の両親の離婚を見た筆者が子供目線で思います!)

シングルマザーの恋愛における引け目を解消しよう!

 次に「引け目」を紐解いていきましょう。

【引け目】

自分が他人より劣っていると感じること。劣等感。気おくれ。

 自分で意識している弱み・欠点。(goo辞書より)

では、恋愛においてどの点で引け目を感じているのか見てみましょう。

シングルマザー=1回ないし複数回結婚に失敗している点

子育てに集中しなければならないという使命感が強い点

(恋愛している場合じゃない)

確かに上記二つの点も事実であり、必要な考え方ではあります。

しかしこの二つも考え方を変えてみましょう!

まず

シングルマザー=1回ないし複数回結婚に失敗している点

こちらは

失敗した分だけ経験値が上がっている

ともとれます。失敗は成功の基ともよく言いますし、一回失敗して回り道した人の方がストレートに進んだ人よりもたくさんの景色を知っています。また、人の気持ちにも寄り添える優しさがあります。そもそもバツイチが失敗と言い切るのもおかしな話ですよね。

その結婚があったからこそかわいいわが子に恵まれたんですもんね!

 

子育てに集中しなければならないという使命感が強い点

こちらは

子育て中のママの恋はシンママだけじゃない!

何を言っているんだ…。

と思われましたよね!

しかし恋愛とはシングルマザーだけでなく既婚の夫婦にも当てはまるのではないでしょうか

子供を産んだ後も子供を実家に預けてデートや食事に行く夫婦もいます。

毎晩子供が寝た後に晩酌をしながら話をする夫婦もいます。

これも子育てに集中していないことになるのでしょうか。

むしろその場合「仲がいい夫婦ね」と捉えられますよね。

これとシングルマザーが恋愛をしてデートをすることは同じです。

子供を預けてデートをする事実は変わらないのにシングルマザーだけ引け目を感じる、それはなぜ?忙しいから?

忙しいのは政治家や会社役員の人も同じです。

じゃあ一回失敗したから?

失敗は人間に欠かせない経験です。上記にも記載しましたが子供を産み育てるという奇跡的な経験をしているので失敗とは一概に言えません

ということで、シングルマザーも既婚のママも恋をすることは何ら変わりない!

恋をすることに引け目なんて感じることはありませんよ。

罪悪感と引け目は捨てて節度は守ろう![シングルマザーの恋愛]

上記で少し触れましたが、シングルマザーが恋愛をすることはとても良いこと。

ただし節度を守らなければ恋愛は悪いことの方へ傾いていきます。

下記のことを守って素敵な恋愛を楽しみましょう!

優先順位は子供>彼氏で必ず守る

子供にはあなた絶対に必要です。ママの代わりは誰にもできません

子供が生きていくためにはママは欠かせない存在なのです。

彼は大人ですので生活はどうとでもなります。

この優先順位を間違えないようにしましょう!

生活の質を低下させない程度の恋愛を

彼に傾倒するあまり、お金を交際費に使い子供との生活費を削り食事も満足に与えられない。そんな状態になることは避けましょう。第一に守るべきものはあなたと子供の健やかな生活です。

どんな時も理性的な判断を

恋愛ですので、感情は当然出てきます。

しかし理性的な思考を常に忘れないようにしましょう。

感情だけで動いてしまうと時に危険な判断をしてしまいます。

子供のことを考えて、いつも「女性」であるのではなく「母親」としての自分も忘れないようにしましょう。

おわりに

恋愛は心でするもの。
しかしシングルマザーとして子供を育てていくママには心だけでなく冷静な判断力も求められてきます。

しかし様々な苦難を乗り越えてきた強いシングルマザーにはそれができます!

マルチタスクでこなしてきたシングルマザーには母親として子供を大切に育てながら、一人の自立した大人としてパートナーと交際することができます

今回シングルマザーが恋愛するにあたって感じる不安の正体

「罪悪感」と「引け目」を解消することができたかと思います。

あとは自信を持ち、節度を守って素敵な恋愛を楽しみましょう!