Uncategorized

死別した子なし女性が折り合いをつけて再婚する方法とは!!

死別子なし再婚_

死別は大切な人を失うので本人にしか分からない辛さだと思います。

また、配偶者の死は1番ストレス値が高い出来事になっているので、
今、死別としっかり向き合っているあなたはとても尊敬にあたります

でも、死別後に再婚したい人にとっては、

Aさん
Aさん
死別から再婚ができるの?
どこで相手を探したらいいの?
Bさん
Bさん
戸籍上の心配を教えてほしい

など、気になることがたくさん出てきます。

ここでは、「死別後におすすめな出会い方」と「気になる点」をお話します。

死別した女性を取り巻く現状

死別女性現状

まず、死別した女性を取り巻く現状について簡単に説明したいと思います。

死別女性はどのくらいいるの?

男性より女性の死別率は高いです。
これは、妻の年齢が夫に比べて低いことや、女性の平均寿命が男性に比べて長いことによります。

「人生100年時代」と言われる中、50代以降独り身なのは寂しさ募ります

せめて、互いに支え合えるパートナーが欲しいと思う人は多いのではないでしょうか?

男女の死別率は?

  • 男性 ⇒ 2.9%
  • 女性 ⇒ 13.5%

年代別の女性の死別率は?

  • 40歳~49歳 ⇒ 1.1%~2.2%
  • 50歳~59歳 ⇒ 4%~7.2%

 

死別再婚に関するアンケート調査結果

死別の場合、再婚率は低く10%を切っていると言われています。

ここでは、死別再婚についてどう思うのか、
「死別経験者」と「一般の方」それぞれの回答を見ていきます。

まずは、死別を経験した人についてです。

【死別経験者】再婚を望む割合

死別を経験した人が、再婚を希望する割合は、なんと7割もいます!

再婚する可能性がある
引用:パートナーとの死別後に再婚を考える人は約7割。死別再婚を妨げる理由

「没イチ(配偶者と死別した単身者)」の人に再婚の希望について質問したところ、

  • 再婚したい
  • 死別再婚を妨げる理由が解消されるなら再婚したい

このような回答が69%ありました。

過半数以上の方が再婚したいと思っているのですね。

次に、一般の方が死別再婚についてどう思うのか、見ていきます。

 

【一般の方】約6割が死別再婚に“賛成”

一般の方の、約6割の人が死別再婚に賛成しています

「周囲に配偶者と死別した単身者の方がいるとしたら、再婚を応援しますか。」という質問に対して、
62%の方が「再婚を応援したい。」と回答。

理由には、残りの人生を幸せに過ごす選択として賛成とあります。
応援してくれる人が多いと分かると、とても嬉しく感じますね。

でも、なぜ死別再婚が難しいとされるのか?その理由を見ていきます。

再婚を妨げる理由

死別再婚を妨げる理由の上位5つには、次の項目が挙げられます。

死別再婚を妨げる理由
引用:パートナーとの死別後に再婚を考える人は約7割。死別再婚を妨げる理由

他にも、

  • 遺族年金打ち切りに伴う生活維持の不安
  • 好きな人に出会えるとは限らない
  • 再婚率の低さ(10%)

などがあります。

死別では、離別の時には気にしなくてもいい、特有のデメリットがついてまわるので、
どうしても、精神的負荷が大きくなります。
再婚を妨げる理由が解消されれば、「再婚したい!」という人が7割もいるので、もったいないですよね。

死別子なし女性のメリット

メリット

上記のデータから、再婚を妨げる理由があって、行動できないことがわかりました。

ここでは視点を変えて、

「子なし」ということで考えてみると、実はメリットがあることが見えてきます。

 

死別した子なし女性が、死別した子あり女性と比べて言えるメリット
①時間に余裕がある
②夫や子どもがいない点、身軽である
③子どもとの関係に気を使わなくてもいい
④遺族年金額が少ないので年金に頼らない決断もできる

どうでしょうか?

子なし女性はシングルマザーに比べて再婚に費やす時間があることがわかります。

また、「子どもが再婚を理解してくれるか不安がある」がないので、シングルマザーに比べて再婚しやすくなります。

このように子なし女性は、シングルマザーに比べて圧倒的に婚活しやすいので、婚活しないのはもったいないです。

 

では、具体的に何から始めたらいいのでしょうか?

おすすめな出会いは「結婚相談所」に行くことです。

なぜ、結婚相談所がおすすめなのか?

子どもがいなくて再婚しやすいといっても、やっぱり、周りが死別に対して拒否反応を示すからです。

結婚相談所ならスタッフの方が相談にのってくれるので、再婚に向けて進みやすくなります。

死別した女性には結婚相談所がおすすめ!

おすすめな出会い
マッチングアプリや、友人の紹介などの出会いは、1人で行動しなければなりません。

結婚相談所では、費用はかかりますが、相談サポートを受けることができますので、
再婚に挑む前の不安も、話すことで客観的になれます。

結婚相談所では、紹介スタイルが「仲介型」「データマッチング型」の2種類あります。

相談員
相談員
仲介型は、人柄重視で結婚アドバイザーからのサポートを受けることができるので、親身に相談することもできます。

ここが1番の利点で、死別した人の再婚に向いてます。

また、店舗に出向かなくてもいいデータマッチング型のスタイルもあるので、人目につきたくない人にもおすすめです。

では、結婚相談所でおすすめな2つを比較しながら見ていきましょう。

楽天オーネット ・データマッチング型
・会員数は約5万人
・年間成婚数は5524人
・年齢層は30~40代
パートナーエージェント ・仲介型
・会員数は約1万2000人
・年間成婚数は3476人
・年齢層は30~40代

仲介型の結婚相談所では条件の広げ方についてアドバイスをもらうことができます。
仲介型の方が、一人ひとりにあった助言をくれる可能性が高いので、死別した女性に向いています

成婚については、楽天オーネットが、パートナーエージェントに比べて4倍も会員数の差があるのに、成婚数(2016年)では1.6倍の差しかない点から、
成婚退会する会員の割合は、パートナーエージェントの方が高いということになります。

費用については、やはり、仲介型のパートナーエージェントが割高になっていますね。
費用はかかりますが、死別した女性には「仲介型」のパートナーエージェントをおすすめします。

楽天オーネット ・初回登録料116,600円
・月会費15,290円
成婚料0円
パートナーエージェント ・初回登録料55,000~137,500円
・月会費12,100~20,900円
・成婚料55,000円

 

新しいパートナーとの関係で確認すること!

折り合い

お相手のパートナーと婚姻関係を持つか持たないかで、遺族年金を諦めなければなりません

事実婚でも、生活を共にしているのであれば、遺族年金はもらえません。
再婚は一つの区切りだと思います。

再婚をする前に一度立ち止まり、「残りの人生を歩んで行きたい」
と思えるのか、相手の折り合いを共用できるのか、確認するといいです。

パートナーとはこれからの未来について話をする。
折り合いをつけた過去は、宝箱に蓋をするように胸にしまっておくことも大事です。

死別した夫のためにも、幸せになるに負い目を感じる必要はないです。

・再婚または事実婚の場合は遺族年金を諦める
・過去と折り合いをつけて進む
・相手の折り合いも共用できるのか確認する

 

【付録】再婚時の戸籍の移りについて

戸籍
Cさん
Cさん
夫と死別しました。
もし、私が再婚したら、元の戸籍からは除籍されるのでしょうか?
相談員
相談員
はい、前夫を筆頭者とする戸籍から除籍されます。

死別した女性が再婚する場合、前夫を筆頭者とする戸籍から除籍され、後夫との戸籍に入籍することになります。

婚姻の際の筆頭者が夫か妻のどちらであるのかによって、どの戸籍に入籍するのかが変わってきます。

簡単に言うと、
すでに戸籍を持っている人に入籍するだけです。

再婚すると新しい戸籍に入るので、元の戸籍からは除籍されます。

まとめ

死別子なし再婚まとめ
現状
  • 死別した女性は、40代では100人に1~2人いる
  • 死別を経験した人が再婚を希望する割合は約7割もいる
  • 再婚を応援したい一般の方は約6割いる
  • 死別再婚を妨げる理由には、他者の目が気になることが多い
  • 死別した子なし女性は、子あり女性に比べて余裕がある
課題
  • 死別した女性には、結婚相談所の「仲介型」がおすすめ
  • 再婚または事実婚の場合は遺族年金を諦める
  • 過去と折り合いをつけて進む
  • 相手の折り合いも共用できるのか確認する
  • 死別した女性が再婚したら、前夫を筆頭者とする戸籍から除籍される

いかかがでしたか?
死別を経験した女性でも、誰かに相談しながら、再婚することは可能です。
その手段として、結婚相談所を利用してみてはいかがでしょうか?

人の目などのしがらみも出てきますが、行動することで、再婚の悩みを払拭しましょう。

バツイチさんにおすすめのマッチングアプリ3選

 

1位 マリッシュ

マリッシュマリッシュはバツイチさんを優遇するアプリで、ポイント増量などの特典があります。

何よりもいいのは、シングルマザーやバツイチに理解のある人が集まるので、バツイチさんでも婚活しやすいところです。

料金男性:月額1,650円~
女性:無料
年齢層20代~50代
男女比54:46
累計会員数80万人

マリッシュの公式サイト

 

2位 ペアーズ

ペアーズペアーズの累計会員数は1,000万人以上ですので、シングルマザーに理解のある人も多数います。

「シングルマザーOKな人」などのコミュニティからバツイチ・シングルマザーに理解がある人を探せます。

料金男性:月額1,320円~
女性:無料
年齢層20代~30代
男女比70:30
累計会員数1,000万人

ペアーズの公式サイト

 

3位 ブライダルネット

ブライダルネット婚活大手のIBJが運営しているマッチングアプリです。

専任のカウンセラーである「コンシェル」が、相談などのサポートもしてくれます。

料金男性:月額2,000円~
女性:月額2,000円~
年齢層30代~40代
男女比40:60
累計会員数非公開

ブライダルネットの公式サイト