シングルマザーの生活

【手取り13万円でも貯金!?】シングルマザーのお金のやり繰り

お財布

厚生労働省の調査によると、全国にはシングルマザー世帯(母と子の世帯)が約123万世帯あり、その平均収入は、約243万円(約20万円/月)となっており、全国平均の436万円(中央値:381万円)よりも大幅に低くなっています。しかも、これは児童手当や養育費などの各種手当を含めた金額であり、手当や税金を引いた本業のみの手取りは約13万円となっています。

 

一方、一般的なシングルマザー世帯(母1人子供1人)の支出は約18.7万円/月と言われていますが、このうち高校生の子供がいる世帯は約21万円/月となっており、子供の年齢が上がり、進学などをするにつれ食費や教育費などが増加し、支出が増えていきます。

 

このような収入・支出状況であるため、シングルマザー世帯は貯金をするのが難しいことが多く、実際にシングルマザーの約4割の方が、預貯金額が50万円未満という状況となっています。

 

しかし、この統計を見ると、少数ですが1000万円以上の多額の貯金をしている方もいるようなので、時間的・経済的に一見不利に思えるシングルマザー世帯でも、貯金額を大きく増やす手段がありそうです!

 

今回の記事では、貯金額を増やしているシングルマザーの方が実践している節約術や、巷に転がっている節約術・収入アップ術をいくつか紹介していきたいと思います!

 

【ここで一工夫!】シングルマザー世帯の支出内容から見た節約術について

5141103_s

では、シングルマザー世帯の支出はどのような状況になっているのでしょうか?

主な支出内容は以下の通りです。

・住居費(家賃)

・水道・光熱費

・食費

・交際費(冠婚葬祭など)

・雑費(生活用品など)

・医療費

・保険料(生命保険など)

・通信費(インターネット、スマホなど)

・教育費(学費、子供の習い事など)

上記のうち、住居費は月々の出費で最も多くを占めており、住む地域や住居形態、広さによっても変わりますが、おおよそ最低でも5万円程度かかります。

 

その他にも水道・光熱費やインターネット・電話などの通信費、子供を学校等に通わせる教育費も家計にのしかかってきます。

 

ここで、上記各項目の合計金額を18.7万円(=シングルマザー世帯の平均支出)とすると、平均手取り額である13万円を大きく上回ることになってしまい、単純計算すると貯金どころか毎月の家計が赤字になってしまいます。

 

しかし、これらの出費については、工夫次第では費用削減が可能であるため、それらの代表的な方法を以下に紹介していきたいと思います!

 

【団地が安い⁉】住居費の削減

一般的な賃貸住宅であれば、都市部で広い住宅ほど家賃が高く、僕の地元北海道では、2LDK~3LDKの広さで比較すると、札幌市中央区が最も高くて平均8.7万円となっており、札幌市内のそのほかの区でも5~6万円程度となっています。

 

しかし、これが公営住宅になると、大幅に家賃が下がり、月額所得次第では月1万円台で済むことも可能になっています。

 

仮に家賃5万円の通常の賃貸から、家賃1.5万円の公営住宅に引っ越した場合、住居費だけで3.5万円を浮かせることができるので、かなり大きな節約になりますね!

 

あとは、社宅付の会社に転職するのも一つの手段です!筆者の場合は築30~40年くらいの古い社宅ですが、3LDKの広さで1か月の家賃は約1万1000円程度で済んでいます!

 

他の会社でも社宅や借り上げアパートが用意されていたり、家賃補助が充実している会社もあると思うので、そういった会社を探してみるのも一つの手だと思います!

 

【チリも積もれば山となる!?】水道・光熱費の節約

続いては、光熱費の節約方法についてです。

 

一般的な1か月あたりの光熱費は、単身世帯では1万1652円、2人世帯では1万9599円、3人世帯では2万2683円となっております。ちなみに、筆者は電気代+水道代(電気温水器やハロゲンコンロがあってガスは使用しない)で、夏場で1か月1万円をギリ1万円切るくらいです(最近引っ越したばかりなので、冬場のデータはなし)。

 

では、各光熱費の節約方法を見ていきましょう。

1)電気代の節約

一般的な節電方法としては、大きく分けて次の方法があります。

・古い家電の買い替え

・各家電の使い方見直し

 

古い家電については、最新の省エネ家電に買い替えることで大きな節電に繋がります。例えば、部屋の照明を蛍光灯からLEDのシーリングライトに変えると、1か所あたりひと月300円程度の節電に繋がります。

 

冷蔵庫や洗濯機、エアコンを買い替えることで更に大きく節電することができます。詳細については、以下の記事内に各節電方法が詳しく記載されているので、ご参照いただければと思います。

 

また、使っていない家電や照明などをこまめに消すことも、節約の基本です。筆者はここ2か月くらいでテレビや各照明などを可能な限りこまめに消すようになったんですが、先月(6月)の電気代を先々月から約1000円節約できました!

 

勿論、節約理由は他にもあるかもしれませんが、少なからず節約効果はあったと思いますので、慣れるまでは多少面倒ですが、皆さんにもこの方法はオススメです!

 

2)ガス代の節約

 

暖房やお風呂、キッチンで必要になるガスですが、節約方法としては次のものがあります。

・都市ガスの物件を選ぶ

・ガス回りの清掃

・断熱材を使う

 

プロパンガスと比べ、都市ガスのほうが費用が安く、急な値上がりもないためお得になっています。

 

ガス回りの清掃については、油汚れや焦げ、ホコリなどによりガスバーナーの穴が詰まると火力が弱くなり、熱効率が低下してしまうので、それを防止するために清掃が必要です。

 

また、床暖房などでガスを使用する場合には、室内の暖気を逃がさないために、窓に張り付けるタイプの断熱シートやカーテンを使い、ガス代を節約する方法もありますよ!

 

3)水道代の節約

 

台所からお風呂、トイレなど、生活に欠かすことのできない水道ですが、こちらについても節約方法は沢山あります。

・トイレの節水(水量使い分け)

・お風呂の入り方と洗濯機の使い方

・キッチン周りの節水

 

トイレについては、まずは水量の大と小を使い分けることが大事です。小のほうが大より2~3Lくらい水量が少ないので、トイレを1日4回使用するとすると、大を小にするだけで10L/日近く節水することができます

 

お風呂で使用する水のうち、シャワーは毎分10L以上の水が流れるため、使用しない時以外は可能な限り止めましょう。更には、髪や体を洗う際も、可能な限り湯船のお湯を使うことで、シャワーの使用頻度も削減できます。

 

また、湯船の残り湯は余さず洗濯機で使うことで、更に節水できますし、洗濯もある程度まとめて洗うことで洗濯の回数を減らし、節電・節水に繋がります

 

この他にも、毎日のキッチンでの食器洗いでは、洗い桶でため洗いをすることで、水量を3分の1程度に抑えることができます

 

これについては、何か月か前のテレビ番組「トリニクって何の肉?(テレ朝系)」でも紹介されています。

 

番組では、洗い桶を使っていた人は15L程度の水量で洗い物を済ませたのに対し、使わなかった人は100L以上の水量を使用するという結果が出ています。

 

筆者も元々は洗い桶など使っていませんでしたが、番組を見てから、ちゃんと節水しようと思い立ち、翌日ダイソーに洗い桶を買いに行きました笑

シングルマザー 住宅ローン 失敗
住宅ローンって何?失敗が不安なシングルマザーに必須の心構え!いま住んでいる家に、あなたは満足していますか? 広さは子どもが成長するのに十分でしょうか? 家賃は生活費を圧迫しすぎていない...

【手取り13万円なのに〇万円貯金可能!?】家計の計算結果

child

では、最後にこれまで紹介した節約術・収入アップ術を実践した場合の家計について計算してみましょう!

 

先に紹介した各支出項目の内訳を、以下の通り仮定します(各項目の支出額は、ネットで調べた結果を基に、シングルマザー世帯の平均支出である18.7万円になるように若干調整しました)。

項目 金額(万円)
住居費 5.3
水道・光熱費 2.0
食費 3.3
交際費 1.2
雑費 1.1
医療費 1.0
保険料 1.2
通信費 1.1
教育費 2.5
合計 18.7

 

ここに、前項までで紹介した、住居費と水道・光熱費の節約方法で節約できる金額を次の通りとします。

 

・住居費・・・5.2→1.5万円(通常の賃貸から団地へ引越し)

・水道・光熱費・・・2.0→1.6万円(節約で20%節約できたと仮定)

多少の仮定は入っていますが、上記だと住居費と水道・光熱費だけで4.1万円を節約できることになり、月当たりの支出を18.7→14.6万円まで削減することができます!

 

こうなると残り1.6万円分を節約すれば、本業の手取りだけで支出を賄うことができるため、その他の項目を少しずつ削減すれば、児童手当等の各種手当を全て貯金に回すことができますね!

 

他項目の節約方法は、ここでは特に紹介しませんが、巷でよく聞くものとしては以下の方法があります。

・固定費(例:スマホやネット代などの通信費や、保険のプランを見直す)

・食費(例:特売の利用、ポイ活へ取り組むなど)

 

これらはほんの一例ではありますが、いくつかの節約方法を組み合わせていけば、1.6万円の節約はそう遠くない道程になるかと思います!

母子家庭 生活費 子供2人
母子家庭の生活費はいくら?子供2人ならではの注意点あり!母子家庭の生活と言っても一括りにはできないほど多様な形があります。 けどどんな生活をしていてもやっぱり心配になるのはお金のことが多いで...

【手当も収入のうち】シングルマザー世帯の収入確保手段について

お金

前項まででは、節約方法についてお話してきましたが、今度は収入アップ手段についてお話ししたいと思います!

 

収入を上げる手段としては、主に以下のものがあると思います。

・正社員になる

・アフィリエイトや投資などで副業収入を増やす

・児童手当や養育費を貰う

 

シングルマザーは時間的な制約も多いこともあり、就職・転職に不利な場合が多く、派遣やパートで働いている人も多いですが、全国の自治体では、移住者に対し就職を斡旋したり、家賃補助などの各種補助を受けられる場合があります。

 

北海道幌加内町では、中学生以下の子供がいる移住者に対し、定住を条件として町内の介護事業所に就職できる制度や、家賃補助、保育料無料、中学生までの医療費無料など手厚い補助があります。

 

このような補助があれば、就職・暮らし・子育て・教育・収入など様々な面でシングルマザー世帯の助けとなるため、積極的に活用していきたいところですね!

 

また、養育費や児童手当などの各種手当についても、収入によって支給額は変わりますが、給付を受けることは可能ですので、積極的に受給すべきだと思います。

 

特に、養育費については、離婚した父親から受け取ったことがない割合が約6割を占めており、これを受給できれば更に家計が楽になると思います。

 

ただ、こればっかりは父親側の支払い能力や、交渉の纏まり具合にもよるので、必ず受け取れる保証はありませんが、受け取れるよう少しでも交渉を頑張ってみてもいいかもしれません。

 

他には、投資やポイ活、You Tube、アフィリエイトなどの副業収入を得ている人も中にはいますが、これはかなり少数派の方々で、筆者もそれほど詳しくはないので、他の方の記事をご参照いただければと思います。

 

実際に1000万円以上の貯金をしているような方は、こうした方法で稼いでいるのだと思います。

 

筆者個人としても、札幌市内に土地を買って駐車場を運営することや、アフィリエイトなどに興味はありますが、現実では中々時間がなくて実行には移せていません(^ ^;)

シングルマザーが節約で計画的に貯金と贅沢をする方法!今回の記事は、節約で計画的に貯金する方に向けて役立つ情報となっています。 シングルマザーは、お金に余裕があるわけなく、貯金なんて出...

まとめ

3574278_s

以上、シングルマザーの方々に向けた節約術や収入アップ術を少しだけ紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

シングルマザー世帯は時間的制約などにより就職面で不利になり、収入が中々思うように得られないことが多いですが、節約により支出を上手く減らしたり、手当や副業などで収入を増やすことは可能です!

 

今回紹介した方法については、短期間に大きな効果があるものはありませんが、継続することでかなりの貯金に繋げることもできるので、ぜひ粘り強く実行することをお勧めします!