Uncategorized

【親・子必見】料理しないシングルマザーへの子の本当の願い

シングルマザー 料理 しない

仕事に家事にと日々忙しいシングルマザーは全てを完璧にできるとは限りません。
しかし特に料理は生活の三大要素である衣食住の1つであるため、手を抜きすぎると生活が崩れてしまう危険もあります。

料理をできないことを悩んでいるシングルマザーは多いと思いますが同様に、お子さんも母親が料理をしないことについて悩んでいることが実は多いのです。

母親のいない世界(学校・社会)にも居場所がある子どもはそれぞれに希望を持っていたりします。けれど何もかもを叶えきるのは難しいでしょう。

こんな会話をした覚えはありませんか?

たまにはおかあさんの手料理が食べたい
おかあさんは忙しいの! 見てわかるでしょ!?
この料理なら作るの簡単そうじゃない?
しんどいからムリ。勝手に作れば?

思わず怒鳴ったり冷たくしたりする前に、子どもが本当に願っていることが何かを考えてみてはいかがでしょうか?

ここではそんな生活に困っているお子さんと、料理をしてあげられなくて申し訳なく思っているシングルマザーに、

  • シングルマザーが料理をしない理由
  • 料理をしないシングルマザーだからこそ気になること
  • シングルマザーに料理をしてもらうために必要なこと

をご理解いただいた上で、解決方法をご提案したいと思います。

生活の改善のきっかけになれれば嬉しいです。

 

【母親側の理由】どうしてシングルマザーは料理をしないの?

シングルマザーが料理をしないわけではありません。料理をしている人ももちろんいます。
ただ料理をしていない人でも周りにしてないと言って回る人は少ないので、本当にしているのかは本人とその子どもしか知らないことです。

シングルマザーが料理をしない大きな理由は3つほど考えられます。

時間がないから

シングルマザーとパートナーが揃っている家庭とで明らかに違うのは、シングルマザーは一人二役をこなさないといけないところです。

パートナーがいれば自分の許容量以上のことは相談しながらやっていけば良いですが、パートナーがいないので許容量以上のことも自分で考えていかなければいけません

人間は自らの許容量を超えても行動できますがとても目まぐるしい日常になります。常に時間に追い立てられるような生活にずっと耐え続けることはできず、自分を守るためにも許容量を超えたことは排除しようとするのは当然です。

その排除する対象が人によって違います。人付き合いだったり、掃除だったり、料理だったり様々です。

このときに料理を排除したら料理をしないシングルマザーになるわけですね。

体力がないから

シングルマザーで現役アスリートの方は少数派でしょう。多くのシングルマザーは運動神経の良さに違いはあれど、平均的な運動能力の持ち主だと思います。一日中全力で走り回るような体力は普通ありません。

けれど家の中では家事のためにじっとしていられないし、外に出たら買い物や仕事のためにこれまたゆっくりもできないシングルマザーはずっと走り続けているようなものです。

だから一日の終わりにはぐったりして、指一本動かすのもしんどいといった状態のシングルマザーも少なくありません。
そんな状態で料理をしようとはとても思えないですよね。

気力がないから

時間が作り出せて体力も余裕がある状態でも料理をしないときの理由はこれです。特にもともと料理が苦手だった、もしくはあまり料理をしてこなかったシングルマザーにはよく当てはまります。

苦手なことをするのは気力がいります。料理が好きなら多少疲れていても料理をするのは苦になりません。けれど苦手なことを疲れているときにやりたくないと感じるのは当たり前です。

シングルマザーも人間です。子どものためにしてあげたいと思っても、ずーっとやる気を維持し続けることが難しい場合だってあるのです。

もちろん他にもお金や環境などの問題もありますが、この理由がシングルマザーが料理をしない一番大きな理由です。

【母親視点の問題点】料理をしないシングルマザーが気になっていること

日本では手料理がもてはやされる文化があります。海外では外食が当たり前という文化の国もあるのにです。手料理が100%子どものためになるわけではありませんが、手料理を作ってあげるべきか悩むシングルマザーは少なくありません。

そんなシングルマザーが手料理を作ってあげるべきだろうかと悩む理由を3点ご紹介します。

栄養面

手料理をつくるシングルマザーでも冷凍食品やレトルトを多用することは多いです。しかしやはり肥満や心臓病のリスクが心配という声もよく聞きます。

とはいえ時間のない中で、効率よくいろんな種類のご飯を用意するには外せない選択肢ではあります。なので生野菜や茹で野菜を少し足したり、もともと野菜が含まれている冷凍食品を選ぶなどという工夫もされています。

料理をしないシングルマザーはそのような工夫をすることを思いつけないので、「どうにかしなきゃ」と思いつつ日々の忙しさに流されていることがあります。

ただ今は学校の給食で栄養は補えているからと考えるシングルマザーもいますし、レトルトも昔ほど塩分過多でないものを増えてきましたのですぐに解消しなければいけない問題だという認識は薄いでしょう。

世間体

子どものことではなく、周囲の目を気にしているシングルマザーもいます。
周りのご家庭には家の中のことを案外知られていることがあります。

子どもが持っていくお弁当の内容や子ども同士の会話から、子ども自身はそんなつもりはなくても話を聞いた親は「あの家はこんなことしてるのか」と情報を得ていることもあるのです。

敏感なシングルマザーはそんな状況から、まるで周りが自分のことをダメな親だと判断していると思い込んでしまうことがあります。

その強迫観念から作らなきゃ!と思えることもあるので、世間体を気にすることも全くの間違いではないのかもしれません。

子どもの食育

食事を重要視しないシングルマザーに育てられた子どもは、食事を楽しいものだと思えなくなります。

食生活が 雑だと むなしくなりますよね
おかげで 昔は 食事とは 餓えを満たすための エサだと思っていました

引用:YAHOO!知恵袋

そんな風に子どもに思わせたい母親はいません。

けれど食育というのは日々の積み重ねの上に成り立つ考えです。

食べ物への感謝や良いものを選んで食べる知識というのは一朝一夕に得られるものではありません。けれど食に対する根本的な考え方は、成長して社会に出て家族を持って死ぬまでの期間にかなり大きく影響します。

シングルマザーは子供に対して高価な食事は難しくとも、せめて楽しい食生活を送らせてあげたいと思うことでしょう。

 

【子ども視点の解決法】どうしたらシングルマザーは料理をしてくれるの?

ここまで料理をしないシングルマザー側の理由と気にしていることを紹介してきました。シングルマザー自身もそのお子さんも、現状の原因と問題点を改めてご理解いただけたかと思います。

シングルマザーが料理をしない一番大きな理由は「気力がないこと」料理をしない上で一番気になることは「子どもの食育」についてです。

つまりシングルマザー自身が料理を作りたい!と思い、それが子どもにとって楽しいと思える食事になることを理解できれば料理を作ってくれそうですよね。

 

そんな状況をつくるためには、子ども側の行動がとても大事です。
その行動とはおかあさんの料理が食べたいと訴え続けることです。

手料理を一緒に食べたい
おかあさんの料理のほうがおいしい

などの声はおかあさんのやる気に直結します。そして作った料理を楽しく食べてくれる姿を見られれば次の活力にも繋がります。

 

逆に

店よりもおいしくない
レトルトで十分だから頑張らなくていいよ

という言葉は一気にやる気を削いでしまいます。
たとえおかあさんの体を気遣っての言葉だったとしても、シングルマザーは余裕がないことが多く言葉の裏を拾いきれないことがあるので

あっそ。じゃあもう作らないわ

となりかねません。

 

手料理はインスタント食品のように食べたいからといって一瞬でできあがるものではありません。作ってくれることへの感謝は常に忘れないようにしたいですね。

 

そして手料理をする頻度は完全に人それぞれだということをよく理解してください。

毎日作ってほしいと思うお子さんもいるでしょうが料理が得意苦手もありますし、ライフスタイルの違いによってできないこともあるのです。

週一や月一でしか手料理をしないシングルマザーだっていますが、それでも子どもと良好な関係を築けているケースはあります。それには必ず母子間でのコミュニケーションがとれている必要があります。

おかあさんにムリはしてほしくない

お子さんが心からそう思った上で、どれくらいの頻度ならおかあさんができるのかを話し合わなくてはいけないのです。

自分の考えを押し付けるのではなくしっかり話し合ったうえでなら、ほとんど料理をしないおかあさんに不満をいだくことも案外減ってしまうものです。

食事はムリでも、会話をする時間はとるようにお互い気を付けましょう。

ただしおかあさんの負担になりすぎないように注意してください。
特に手料理のお願いをするのはおかあさんは心の病気でないことが前提です。

心の病気は体にも影響が出ますからどうやっても体が動かせずムリなものはムリなのです。そこで無理やりお願いをしたところで、作ってくれるようになるどころか病気が悪化する恐れがあります。

その場合はおかあさんに期待することはもう諦めましょう。期待されるだけで負担になることもあるのです。

食生活を改善するには自分で作れるようになることも大事です。厳しい話になりますが、自分のためにもできる限り早く自立することを目標にしましょう。

 

【まとめ】お互いにとって一番良い形を作っていきましょう

  • シングルマザーが料理をするためには、本人に料理をしようとする気力と子どものためになるという確信が必要
  • 料理を作ってもらえることに感謝を忘れないようにしよう
  • コミュニケーションを大事にしよう

1人で考えていても何も解決しないので、悩んでいるお子さんはまず素直におかあさんに甘えてみましょう。

おかあさんも料理を全くしないのは子どもにとって良くないんじゃないかと不安を持っているでしょうから、そのことを素直にお子さんに伝えてください。

おかあさんが潰れてでも食事を作ってほしいと願う子どもはいませんし、子どもが食について何も知識をつけなくて良いと思うおかあさんもいないのです。

お互いを思いあった話し合いはきっと落としどころがあるはずで、結論は料理をしなくてもよいというものになるかもしれません。

けれどその結論はお子さんとおかあさんで出すべきものです。

「おかあさんの手料理が食べたい」と主張するお子さんが本当に望んでいるのは、自分たちの生活の形をおかあさんと一緒になって決めることなのです。

結論の形に正解はなく、人の数だけ違いがあるのが当たり前です。
正しいかどうかではなく、どうすれば楽しく食事ができるかという話し合いをぜひ親子でチャレンジしてみてください。

バツイチさんにおすすめのマッチングアプリ3選

 

1位 マリッシュ

マリッシュマリッシュはバツイチさんを優遇するアプリで、ポイント増量などの特典があります。

何よりもいいのは、シングルマザーやバツイチに理解のある人が集まるので、バツイチさんでも婚活しやすいところです。

料金男性:月額1,650円~
女性:無料
年齢層20代~50代
男女比54:46
累計会員数80万人

マリッシュの公式サイト

 

2位 ペアーズ

ペアーズペアーズの累計会員数は1,000万人以上ですので、シングルマザーに理解のある人も多数います。

「シングルマザーOKな人」などのコミュニティからバツイチ・シングルマザーに理解がある人を探せます。

料金男性:月額1,320円~
女性:無料
年齢層20代~30代
男女比70:30
累計会員数1,000万人

ペアーズの公式サイト

 

3位 ブライダルネット

ブライダルネット婚活大手のIBJが運営しているマッチングアプリです。

専任のカウンセラーである「コンシェル」が、相談などのサポートもしてくれます。

料金男性:月額2,000円~
女性:月額2,000円~
年齢層30代~40代
男女比40:60
累計会員数非公開

ブライダルネットの公式サイト