Uncategorized

シングルマザーの恋愛は難しい?~うまくいかない理由と解決策!

シングルマザーとして、子育てと生活を支えるための仕事と、毎日頑張っているママさん。
我が子は可愛いし、子どもの幸せのためなら、いくらでも頑張れますよね。

でも、ふとしたときなんかに、「あぁ、恋がしたいなぁ」「パートナーがいたらなぁ」って、思いませんか?

実際に、恋人がいたり、再婚もして幸せにしている人もいます。だったら、自分も!って恋愛してみたいじゃないですか!

でも、いざ恋愛をしようと思っても、うまくいかないことも多くて…恋愛するのは難しいなぁって、落ち込んでしまうこともあるかと思います。

今回、シングルマザーの恋愛がうまくいかない理由と、うまく恋愛をするための方法を、お話しておこうかなと思います。
恋愛することが難しいと思っている、シングルマザーのみなさん、参考にどうぞ!

実際シングルマザーの恋愛は難しいものなの?

ネットなんかで、バツイチで子持ちの女性の恋愛事情を見ると、難しい、うまくいかない!という意見もチラホラ見ますし、悩んでいる人もいるので、簡単ではないのかな?と言う印象ですよね。

ところで、実際にバツイチのママが恋愛をすることについて、みんな、どう思っているのでしょうか?

シングルマザー自身の恋愛観

まず、どれだけのシングルマザーが恋愛をしたいと思っているのかです。

再婚したいと思う女性……44.4%
再婚は嫌だけど恋人は欲しい……6.7%
再婚も恋人もいらない……13.3%
すでに再婚している……35.0%

上記のように、再婚もしたくないし恋人も要らないという人は、13%くらいしかないんです。

多くの人が、再婚、恋愛を望んでいるということが、わかります。そりゃ、そうですよね。
ママだってずっと1人で頑張り続けるの、大変だと思います。

しかし、それでも、

恋愛とママ業を両立するのは無理なんじゃない?

と感じている声もあります。

シングルマザーは恋のお相手になれる?

 

ここからは、男性のからの意見を見ていきます。

シングルマザーは恋愛対象になる?……はい57% いいえ43%

数字で見ると、シンママも、恋愛対象に入ると言っている人が、だいたい半分半分というところで、少し「はい」が多いかなと言う感じですね。

じゃあ、実際に、もし好きになった人がバツイチで子どももいたらどうでしょうか?

それでも思い続ける……42.9%  別の人を探す……57.1%

他の人を探すという人、それでも好きでいるという人、半分ずつ位ですね。諦めてしまう男性が、ちょっと多いかなと思います。

男性は、パパにならないといけないのかな…とか、他の男の子どもがいるのか…とか、考えてしまう人が、まぁ、いるようなんです。

だから、好きな女性でも子持ちママとなると、遠慮してしまうところが、あるのでしょうか。

でも!そうは思わない男性も半分近くいるので、あきらめる必要なんてないということですよ!

シングルマザーの恋愛は何故うまくいかないの?

男性からの意見としても、肯定的な意見も、当然あるのに、それでも、恋愛がうまくいかないのは、シンママならではの、理由があるんですよね。

恋愛している暇なんてない!

ママであると同時に、大黒柱の役割も担わなければいけないシンママは家事育児に加えて生活を支えるため、仕事も当然しなければいけないんです。

そのため、自分の時間もまともに取れないということが、多いです。

恋人を探すにしても、休みの日には、平日できない家事をしたり、子どもとの時間だって大切です。どうしても、ママとしての時間を優先してしまうので、そうなると、出会いの機会を作ったり、デートしたりする暇なんてなくなってしまいます。

デートにかかるお金が厳しい!

 

1人で働いて、子どもがいるとなると、生活がめっちゃ潤っていて、好きなだけお金を使えちゃうことはないですよね。むしろ、常にカツカツだったりします。

子育てって学費や細かい出費も多くて本当にお金かかりますし、食費や光熱費もそれなりにかかります。貯金だってままならないなんて人もいますよね。

彼氏とデートするんであれば、洋服だって整えたいし、美容院に行ったり化粧品とかに気を使ったり、きれいでいたいって思うのは、女性なら当然です。

それに、イベントごとにプレゼントを渡したり…。

今って、男性がデート代全部出してくれるという時代じゃないですから、割り勘だったり、交代でお金出したりとなると…デートするのも頻繁にはできなくなります。

正直、そんなお金があるなら、子どもに美味しいもの食べさせてあげたいし、生活費に回したくなってしまうものです。

男性から受け入れてもらえない

 

彼女に子どもがいた場合、父親になる責任とか、好きな人に別の男の子どもがいると言うことを、受け入れられなかったり、とくに結婚を前提にすると、お付き合いを躊躇してしまう男性もいます。

そのことから、好きになっても、子持ちということを、受け入れてくれるのか?まだ、それを伝えてないのであれば、伝えたときに、ドン引きされないか、常に付きまとう悩みになってしまいます。

とくに、交際をして、いずれ再婚を考えたときに、相手の男性が初婚だったら、男性の両親の反応も心配ですし、1番気になるところです。

前の結婚生活のトラウマが邪魔をする

前の旦那の不倫やDV、モラハラや金銭問題などが原因で離婚をした女性だと、前の結婚生活でのトラウマが残っている場合もあります。

男性へ恐怖心があったり、辛かったことがフラッシュバックしたりと、トラウマって、なかなか消えないじゃないですか。心って、うまくコントロールできるところばかりじゃないですから。

そうすると、そのトラウマが邪魔をしてしまい、男性に対して警戒心を持ってしまって、恋愛をする勇気が出ず、消極的になってしまいます。

恋人ができても、前の旦那とは別人とは思いつつも、浮気していないかとか、疑いを持ってしまい、つい交際相手を問い詰めてしまって、喧嘩になってしまったり、結局別れて、また傷つく結果になっていまうことに…。

それじゃ、せっかく交際をしていても、自分も辛いし相手も、しんどくなってしまいます。

シングルマザーでも上手に恋愛をする方法は?

シングルマザーで、恋愛をしたくても、うまくいかない理由はいろいろです。じゃあ、その原因となる部分を、どう解決すれば、恋愛ができるのか、そこが重要です。
不安材料が少しでも少なくなる方法はあるので、少し心に置いて、恋活に活かしてください。

シングルマザーであることを隠さないようにする

まずは、なんと言っても、自分を偽らないことです。恋人探しを始めるときに、バツイチはともかく、子どものことは隠しておいた方が、良いんじゃないかって思ってしまいますよね。でも、ここは、隠さず!が良いです。

最初から、オープンにしていけば、シングルマザーである、ありのままのあなたを受け入れてくれる男性が残るはずです。

それこそ、付き合いだしてから子どもがいることをカミングアウトしたら、ドン引きされて、別れることになってしまったなんてことも、あらかじめ避けられます。

同時に、子どもが1番というところを理解してくれる男性を見極めておくと良いですよね。
「俺と子ども、どっちが大事なんだ」なんて言う人は、ちょっと遠慮しておきましょう。

 

子どもの預け先を確保しておく

子どもが乳児だと、難しいかもしれないですが、出会いの場に行くときや、恋人ができてデートをするときなんかに、預かってくれる先をあらかじめ確保しておくと、安心です。自分の実家がママとしても安心かなと思います。

でも、人によっては頼れる実家がなかったり、ママ友とかは、預けるのに気を遣うという人もいますよね。

そういう時は、託児所や保育園とかでも悪くないと思います。

自治体にもよりますが、ママのリフレッシュのために一時保育とかを利用できる保育園もあります。まぁ、デートで預けるのはどうよ?って意見もあるかもですが、恋愛をすることだって、立派なリフレッシュになると、私は思います。

安心して預ける先があれば、ママも心おきなく恋活できますよね。

子どもが幼稚園や学校に行っているくらいの年であれば、平日の昼間が意外と時間ができるので、そこに合わせてデートなんかの予定を組むと、気兼ねないですね。

 

お金のことは最初に話しておく

あらかじめ生活費や子どもへのお金が優先だから、あまりデートにお金をかけられないことを、理解してもらっておくと、安心です。

もちろん、彼にすべて出して!って言うことではないですよ。

食事とか高級店は特別な時だけにするとか、公園やおうちデートにするとか、プレゼントとかも、高級なものは頻繁には無理だから、お互い気を使いすぎないようにしようとか、なるべく、お金のかからないデート先を選ぶとか、そういう工夫をしましょうってことです。

金銭感覚を、ここで合わせておくと、再婚をしたときにきっとプラスに働くので、おススメだったりします。

 

ネットを上手に使う

恋愛をしたくても、そもそも出会いの場へ行く時間がないシングルマザーの人も多いので、そういうときは、出会い系サイトやマッチングアプリなんかを活用してみるのも、1つの手段です。

怖い事件も起きているので、ネットで出会いとか、ちょっと怖いなって思うかもしれないですが、これも時代と言うか…すべてが危ないということもないですし、実際に、そういうサイトなんかで出会って、再婚まで行く人も、増えてきています。

それに、ネットなら仕事の合間とか、家事育児の空き時間なんかに、ちょいちょいとやれるので、便利です。

普通のSNSとかより、出会いに特化したサイトの方が、恋活はしやすいかもしれません。

マッチングアプリなら、シングルマザーに合う人が見つけやすいです。

 

辛い気持ちは伝えること

前の結婚でのトラウマは、なかなか消えないものだからこそ、交際相手にはトラウマの部分は伝えておくのが良いです。

話をするときは、相手の悪口になってしまわないように(難しいでしょうが)、こういうトラウマがあるという部分だけを、伝えます。

そして、その上で、彼に対して不安な気持ちが湧いてきてしまったときは、喧嘩にならないように、でも、きちんと思っていることを伝えてください。その方が、変な誤解を生んでしまうこともないです。

ママが幸せであることが大切!

シングルマザーの恋愛は、いろんなしがらみが、どうしてもついて回ります。子どもファーストで動かなければいけないことが、大半なので、制限もあるし、大変なことが多いと思います。

でも、ママが幸せな恋愛をしているということは、子どもにとっても幸せなことなんじゃないかなって思うんです。

子どもって、ママの笑顔好きですものね。

恋愛への不安材料は、あれど少しずつ解消して、素敵な恋愛をしてくださいね!